ギャンブルがテーマの人気テレビ番組

コロナ禍のせいで長い間外出を制限され、どのように時間を過ごせば良いのかわからなくなってしまった方も少なくはないはずです。カジノは閉店中で、オンラインギャンブルばかりでは飽きてしまいます。宝くじの結果発表も週に 1 回だけです。何かほかにいい暇つぶしの方法はないでしょうか?この記事では、どの時代も大人気のギャンブルをテーマにしたおすすめテレビ番組をご紹介します。コロナ禍でなかなかやりたいことができない日々が続いていますが、大好きな人と一緒にいくつかのシリーズをまとめて観て、楽しい時間をお過ごすのもおすすめです。

まず最初に、最も多くの人に視聴されたギャンブル番組、ワールドポーカーツアーをご紹介します。見たい番組を探しながら何となくチャンネルを変えているときに、通常スポーツチャンネルで放送されているこの番組に目をとめたことがある方は少なくないことでしょう。こちらの番組内で無一文になってしまった人の数は知れませんが、同時に多くのミリオネアも誕生しました。2002 年にスタートしたこちらの番組は、すべての国際ポーカートーナメント(トーナメントにおけるすべてのゲームではない)を放映しています。ワールドポーカートーナメントでは決勝戦のみの放送で、大きな盛り上がりを見せました。各回スリル満点で、夢中にみているうちに、より優れたプレイヤーの存在に気が付くことでしょう。ユーモアにあふれたナレーションのおかげで、ポーカーのルールがわからない人でも十分楽しめる内容になっています。

次に、ちょっと古くなりますが、1984 年に製作された、超有名な「ビッグディール」という番組をご紹介します。このシリーズのストーリーは、ギャンブルにはまっている青年の葛藤がテーマになっています。内容はイギリスのテレビ番組「オンリー・フールズ・アンド・ホーセズ」とよく似ており、ギャンブルとドラマが好きな方に特におすすめです。いくつかのエピソードは手に汗を握る内容になっており、ハラハラドキドキが止まらなくなること間違いありません。このシリーズは恋愛関係や個人の人生にギャンブルがどのような影響を与えるかが描かれています。長年にわたって「ビッグディール」は多くのファンを惹きつけており、番組の栄光を称えるために数年ごとに交流会が開催されています。主役であるレイ・ブルックスが健康だったころ、彼はこの交流会に何度か足を運びました。このシリーズは 30 話収録されており、今でもこのジャンルの名作として親しまれています。

3 番目にご紹介するのは2011 年に製作されたテレビ番組「ラック」です。この番組は残念ながら動物に対する安全上の懸念からキャンセルになってしまいました。ラックは競馬の世界を描いた番組です。この番組のプロデューサーでもあったダスティン・ホフマン、デニス・ファリーナ、ジョン・オーティス、リチャード・カインドなど、出演者は有名俳優ばかりです。第 1 シーズンの撮影中、3 頭のウマが亡くなっため、第 2 シーズンの撮影が半分終わったころ番組の打ち切りが決定になりました。第 2 シーズンは 1 話も放送されることなく、番組は終わってしまいました。

いつの時代も大人気のギャンブルがテーマのテレビ番組をご紹介しました。この記事をお楽しみいただけましたでしょうか?もしこのトピックについてさらに興味を持っていただけた場合、ぜひコメントを残してください。他にも楽しい内容の記事がたくさんありますので、そちらのチェックもお忘れなく。